ピアノサロン自由が丘は、自由が丘駅徒歩7分のピアノ教室。グランドピアノを使った充実の環境で、お子様から大人まで楽しいレッスンを心がけ、クラシック・ポップス・ジャズなど幅広く対応。マンツーマンレッスンなので、一人一人に合わせた内容と柔軟なスケジューリングで、安心してピアノを学ぶことができます。留学経験もある講師なので、英語でのレッスンも可能。九品仏駅、奥沢駅からのアクセスも!

ピアノサロン自由が丘/自由が丘駅近くのピアノ教室

 
 
 
 
 

ピアノサロン自由が丘のミュージックブログ

ピアノサロン自由が丘のミュージックブログ

 


 

バークリー音楽大学 留学体験記 〜異文化コミュニケーション編 その②

 
前回(バークリー音楽大学 留学体験記〜異文化コミュニケーション編〜その①)
に引き続き、異文化コミュニケーションについて、お話したいと思います。 
 

大変だけど、とても有意義な留学経験

 
前回のような、日本の文化との違いを書くと、もう膨大な量になってしまいますが、
何が言いたいかというと、願書出すとき、インタビュー受けるとき、オーディション受けるとき、生活するとき全て、
日本と同じようにしていたら受け入れられないことが多々あるということです。
留学する国の国民性や歴史を少し勉強しておくと役に立つ場合があります。
 
音楽面で言うと、アメリカは一人一人の個性をとても大事にする文化。
「Where is your music?」と言う言葉を口癖にしている先生がいました。
人の真似でなくて「あなたの音楽はどこにありますか?」と言う問いです。
良いものは心から良いと褒めてくれて、ダメなものは絶対褒めてくれません。
お世辞はないので、言ってくれる言葉は全て信用していいと思います。
 
卒業制作の作品発表後に全然面識ないアメリカ人の学生が歩みよってきて、
 
「君はすごく良い作品を作る。とても感動したよ。これからずっと良い作品を作り続けてください!」
 
と言ってくれことがあります。
彼の言葉は一生忘れることができない宝物として、今でも何かあると思い出します。
 
留学中は日本では体験できない色んなことを見聞きすることができます。
少しでも行きたいと思っている方がいるのなら、後に悔いが残らないように思い切って留学して見て欲しいと私は思います。
 


 
ピアノサロン自由が丘では、音楽高校・音楽大学受験の対策もレッスンしています。海外留学の経験もありますので、「外国の音楽大学に進学したい」といったご相談もお気軽にどうぞ!

ピアノサロン自由が丘へのお問い合わせはこちらです。